PC-98と言えばMS-DOS

若い頃、仕事でPC-98シリーズを使用していました。
当時はMS-DOSの全盛時代で、売られていたMS-DOS系アプリもPC-98シリーズに特化した物が大部分でした。
今はWindowsのおかげでほとんどのアプリが機種に依らないものになっていますが、当時のMS-DOSアプリはPC-98シリーズ以外の機種では動かないものがほとんどでした。
アプリのほとんどはフロッピーディスクで動かしていました。ハードディスク付きのPCは当時高価だったからです。
ハードディスクで動かす場合は、フロッピーディスクに入っているファイルをすべてコピーすればいいだけです。
インストールなんて言う言葉がまだ無い時代でした。
MS-DOSはコマンド入力で動かすので、マウスは必要ありません。
今の時代から見ると、コマンド入力のみの操作は非常に面倒くさいものに見えますが、MS-DOS時代を経験した私から見れば、今のWinodws時代の方がかなり楽に思えます。
Windowsが登場し、機種に依らないアプリが出てきてから、PC-98のシェアは衰退していきました。
そのことからも、私はPC-98と言えばMS-DOSと浮かんできてしまうのです。

ソフトに愛されたパソコン

PC98シリーズはソフトに愛されたからこそ、長期的なリリースが可能となったのです。愛されていないようなパソコンは淘汰されている時代だったので、いかにPC98シリーズが優れていたのかが分かると思います。ソフトに対応したパソコンを作ることで、多くの会社から信頼を集めたのが全てです。

ソフト会社は対応しているパソコンを設定しなければなりませんが、当時一番利用されていたパソコンで設定することが多くありました。他社のソフトがPC98シリーズに対応しているということなら、基本的にうちの会社も対応させようという動きが見えてきます。これによって対応するソフトが増加し、PC98シリーズを利用すれば色々なゲームが行えるようになったのです。

生産停止されるまでの間、かなりのゲームに対応したハードとも言えます。黎明期には色々なパソコンが発売されましたが、その中でも長期的な生産を果たしたのはPC98シリーズだけです。ソフトに愛され続けたことで、新型の生産も容易に行えたと言えます。

pc98シリーズと今のパソコンを比較

pc98シリーズというと、懐かしいという方もおられるかもしれませんが、この頃のパソコンというのは今のように誰でも手に入ることができるようなものではなく、とても高価で、一部の余裕のある人しか手に入れることができないようなものでした。
ではどれくらい高価だったか、というと初代のpc98シリーズであるpc-9801はゆうに100万円を超えていたそうです。
いまだと新品の軽自動車が買えるくらいの値段ですね。
また、pc98も部品も高価でした。

いまでも、多くのコンピューターにはハードディスクが使われており、それなりに高価ではありますが、それでも当時に比べれば大量生産ができるようになったおかげでとても安価になったといえます。
何故ならば、pc98などに使われているハードディスクは金よりも高価といわれていたくらいですから。
あまりの高額なので、これらのパソコンが触れるのは、多くの金額を出せる会社か、お金持ちくらいでした。
もし、pc98シリーズにさわることができた人というのは、とても幸運だったと言えます。

PC98を専門に取り扱っているサイトなら「98Factory」